女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談
女性弁護士梅原ゆかり離婚相談フォーム

女性弁護士梅原ゆかり法律相談フォーム

女性弁護士梅原ゆかり法律相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかり法律顧問の勧め

女性弁護士梅原ゆかりご依頼者の声
女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談
「うちではトラブルなんてないから、顧問弁護士なんていらない。」
そう考えてはいませんか。
経済活動のほとんどは、契約(取引)の連続で成り立っています。従業員の方との関係で雇用契約を締結し、物を作るのに製造物供給契約を締結し、物を売るのに売買契約を締結し、事務所は賃貸借契約を締結しています。
その全てについて、人と人とが交わる以上、紛争が起こる潜在的な可能性があります。
弁護士をしていて最も残念に思うのは、取引を開始する段階からなぜ法律の専門家の助言を受けなかったのか、ということです。
ひとたび紛争に巻き込まれた場合には、信頼できる弁護士を、瞬時にして探し当てる必要が出てきますが、「急いては事をし損じる」とはよく言ったもので、慌てて選んだ弁護士が本当にご依頼者にとってベストなパフォーマンスを出せる保証はありません。
しかし慌てているご依頼者としては、依頼せざるを得ません。
これでは、満足な闘いができるのか、疑問の余地なしとしません。
もし、顧問弁護士がついていたら、取引の最初の段階からリーガルチェックをすることができますので、危険な取引に巻き込まれ、紛争解決のために不必要費用を支出するリスクを防ぐことができます。
また、顧問弁護士によるリーガルチェックが入る会社には、取引相手からも、信用されるというメリットもあります。
何より、ひとたび紛争に巻き込まれた際にも、弁護士探しに慌てることもなく、本業に専念しながら対応することができますので、紛争による各従業員、社長のストレス最小限に食い止めることもできます。
会社の法務ご担当者にとっては、顧問弁護士は最も力強い味方となることでしょう。
こうして日々のやりとりの中で、強い信頼関係で結ばれますと、弁護士としても、ご依頼者のためいより高度リーガルサービスを提供できるようになります。
弁護士がリーガルサービスの中でご提供申し上げている情報は、単なる一般的情報ではなく、これでもかというほど、各ご依頼者のためにカスタマイズしたコアな情報です。
そのためには、弁護士はご依頼者のことをよく知る必要があります。

ご依頼者は、信頼できる弁護士でなければ、恥ずかしい部分も含めて内情を話したいとは思わないでしょう。そのため、弁護士は、ご依頼者に信頼していただく必要があります。

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

クラスA  31,500円(税込)/1ヶ月
1ヶ月あたり1~2回程度のご相談案件がある場合。
紛争発生時には別途費用がかかりますが、顧問先割引が適用されます(割引率10%

クラスB 52,500円(税込)/1ヶ月
1ヶ月あたり3~4回程度のご相談案件がある場合。
携帯電話による時間帯対応も行ないます。
紛争発生時には別途費用がかかりますが、顧問先割引が適用されます(割引率20%

クラスC 73,500円(税込)/1ヶ月
1ヶ月あたり3~4回程度のご相談案件がある場合。
携帯電話による時間外対応も行ないます。
また月に1度、御社に弁護士梅原が訪問してご相談いただくことができます。
紛争発生時には別途費用がかかりますが、顧問先割引が適用されます(割引率30%

案件安心対応パック 105,000円(税込)/1ヶ月
携帯電話による時間外対応も行ないます。
月に1度、御社に弁護士梅原が訪問してご相談いただくことができます。
さらに、紛争が発生し案件としてご依頼いただく際、それまでにお支払いいただいた顧問料を紛争解決のための着手金として充当していただくことができます。
リーガルリスクについて予め予算化し、予測不能な出費を最小限に抑えたいとお考えの堅実な経営をされている方にこそ、お勧めです。
社外に訴訟対応のできる法務担当者を一人雇うような感覚でご利用いただければと思っております。