女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談
女性弁護士梅原ゆかり離婚相談フォーム

女性弁護士梅原ゆかり法律相談フォーム

女性弁護士梅原ゆかり法律相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかり法律顧問の勧め

女性弁護士梅原ゆかりご依頼者の声
女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

妻とのそりが合わない。家事もしないで趣味にかまけており、夫が帰ってきても「おかえり」の一言もない。
セックスを拒絶される。子供が産まれてからというもの、子供中心の生活、それはある程度は仕方がないとしても、まるで妻から見れば夫は奴隷以下のような扱い。
妻が浮気をした。指摘をすると開き直って夫を罵倒するばかり。
離婚はしたいけれど、離婚を切り出すタイミングが分からない。
離婚はしたいけれど、子供との関係性もゼロになってしまうことは、絶対に避けたい。
妻と共有名義不動産がある。離婚をした場合に不動産をどうすればいいのかが分からない。
最近は、離婚をしたい男性が増えてきました。
女性の社会進出に伴い、女性のパワーが強くなってきていることも一因かもしれません。
また、社会魅力的な女性が多く存在することから、一度は一生添い遂げることを誓い合った妻のことを、魅力的に見ることができなくなっているかもしれません。
離婚をしたいと心から思っているのに、諸事情からそれが適わず、形ばかりの冷え切った夫婦を続けている方が大勢います。梅原が、弁護士になろうと決意したのは、そのような、悩み続けている方々を、生きる苦しみから解放させ、新しく輝かしい人生を歩むお手伝いをしたいと考えたからです。
男性から見ると、女性とは、不可思議生き物のようですね。そうかもしれません。妻という不可思議な生き物と対峙するからこそ、代理人に、女性弁護士をつける方が増えています。
女性心理は女性が最もよく理解している面は、確かに、あるかもしれません。
先方の感情面を上手にコントロールしながら、離婚という道のりを、ご一緒させていただきたいと考えております。
離婚協議中や、離婚成立後の、お子さんとの面会交流の調整は、現在、2人の子供を育児中である梅原の、得意分野でありライフワークだと考えていますので、是非、ご相談ください。