うめはら法律事務所は離婚・相続・交通事故・IT関連及び労使問題を専門とする女性弁護士事務所です。

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談 女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談 女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談 女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談 女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談 女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談 女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談 女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談 女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談 女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談


悩める女性のためのご相談
夫が浮気した。夫も許せないけど、不倫相手も許せない。
そんな思いを、胸にしまいこんでいませんか?
不倫が発覚したときに、大抵の夫は
「悪かった、もうしない」と妻に謝罪をして、不倫が単なる遊びだったと言い訳をします。だから、不倫相手に損害賠償請求などはしないでほしいと、言います。
しかし人の気持ちは、それほど簡単に割り切れるものではありません。
ご友人に相談したら、こう言われませんでしたか?
「旦那さんが戻ってきたのなら、良かったじゃない。それ以上疑うのは、あなたのワガママよ。」
本当に良かったのでしょうか。
本当に良かったのであれば、どうして、そんなに、胸が
モヤモヤしているのでしょう。
本当の悩みは、夫が「もう不倫はしていない」と宣言したときから、 始まるのではないかなと、考えています。
夫の言葉を
信じられない
しかし、
疑うと、夫が切れる。
そんなときこそ、お一人で抱え込まずに、是非、
相談にいらして下さい。
悩みを十分消化して、過去のものにするには、
時間も必要ですが、それにプラスして、納得ができるだけの自分なりのけじめのつけ方も必要なのです。
相手の女性と完全に終わっているのであれば、どうして、損害賠償請求をしないでほしいと懇願するのでしょうか。
その部分について、きっちりと、
けじめをつけてみませんか?
 
不倫が発覚した時に
、「お前のことは結婚する前から嫌いだった」と開き直る夫もいます。
嫌いだったのに、どうして結婚したのでしょうか。そんな
無責任な行動無責任な発言を、弁護士梅原は、決して許せないと思うのです。
不倫という行為により、妻の人生を蹂躙しておきながら、いまさら「最初から嫌いだった」などと、さらに貶めるようなことを言うのを、決して放ってはおけません
嫌いな相手に、子どもを産ませるなんて、
許せません
離婚を決断するのは、とても勇気がいることですね。決断した方が良いのか。思い止まった方が良いのか。
そんな思いで
悩まれている段階でこそ、是非、うめはら法律事務所にお越しください。
離婚をするというのはどういうことか
離婚をする際に、
どのような請求権が成り立つのか。
離婚後の生活はどうなるのか。
一般的な書物では決して得ることのできない、
専門家からのアドバイスを、書籍を購入するのとほぼ同じような金額にて聞くことができます(法律相談30分3,150円)。
 
絶対に離婚などできないと思い悩んでしまうよりも、離婚という
選択肢について検討だけ、しておくのです。
離婚というカードは、最も有利なタイミングで切ることができます。
その機を逸しないために、現段階から、
証拠保全などで、準備を始めましょう。
備えあれば憂いなし。
備えがあることにより、
心に余裕が持てて、かえって夫婦関係がスムーズに行ったというご夫婦もいらっしゃいます。
夫婦というのは、かくも不思議なものなのです。
 
離婚をしたら子どもは渡さないと夫に言われた。
そんなことはさせません。
弁護士という仕事をしながら2人の娘を育てている弁護士梅原だからこそ、
貴女の、お子さんに対する思いを、十分に受け止めることができると自負しております。