女性弁護士の離婚・相続相談
女性弁護士梅原ゆかり離婚相談フォーム

女性弁護士梅原ゆかり法律相談フォーム

女性弁護士梅原ゆかり法律相談

女性弁護士梅原ゆかり女性のためのご相談

女性弁護士梅原ゆかり男性のためのご相談

女性弁護士梅原ゆかり相続問題相談

女性弁護士梅原ゆかり法律顧問の勧め

女性弁護士梅原ゆかりご依頼者の声
女性弁護士の離婚・相続相談

 離婚協議書作成、離婚交渉調停訴訟養育費請求、婚姻費用請求、慰謝料請求など、離婚にまつわるさまざまな問題解決のためのメニューを取り揃えております。
離婚後の面会交流の日程調整などで揉めてしまう方が多いことに鑑み、面会交流サポートも行なっております。
離婚相談専門フォーム(pdfがございますので、プリントアウトの上、必要事項を記入し、ファックスにて弊所宛ご送信下さい。メールお電話での、ご相談ご予約も承っております。

女性弁護士の離婚・相続相談

遺言書というと、「死」を連想してしまうので、なかなか書こうと思えない方が多くいらっしゃいます。しかし、遺言書というのは、遺された者同士が争わないように、逝く者が遺せる、人生最後のラブレターなのです。早めのご対応をお勧めいたします。
単に財産の帰属について指定するのみではなく、なぜそのような遺言書を書くに至ったのか、遺される方々へのメッセージも盛り込むことができます。
ご遺言者の思いが十分に反映できるよう、きめ細やかな文書作成を心掛けております。
遺言書を作成すると共に、遺言執行者としてご指名いただきますと、遺言書に書かれているとおりに、各ご遺産の名義変更手続を行なうことができ、相続にまつわる煩瑣な手続きから解放してあげることもできます。
事業承継などについてもご相談を承っております。
法律相談フォームがございますので、プリントアウトの上、必要事項を記入し、ファックスにて弊所宛ご送信下さい。メールお電話での、ご相談ご予約も承っております。

女性弁護士の離婚・相続相談

自筆の遺言書が遺されていた場合には、家庭裁判所において検認手続が必要です。遺言書が有効か否かも含め、まずはご相談下さい。
遺言書が遺されていたが納得がいかない場合、多くが遺留分減殺請求権を主張することができます。
遺留分減殺請求には、精緻な計算が必要となる上に、相続人間で互いに感情的なもつれから紛争が激化することが考えられますので、是非、弊所にご相談ください。
また、遺言書が遺されていない場合には遺産分割協議を行なう必要があります。
遺言書が遺されている場合の遺言執行者、遺産分割協議が整った場合の各種手続代行に、弁護士を選任されますと、正確かつ安全に、相続手続を了することができます。
法律相談フォームがございますので、プリントアウトの上、必要事項を記入し、ファックスにて弊所宛ご送信下さい。メールお電話での、ご相談ご予約も承っております。

女性弁護士の離婚・相続相談

交通事故に遭遇してしまうと、本当に大変です。
お怪我をされた方は、ご自身の治療に専念しながら、お車の修理の手配などもしていただく必要があります。
せめて、保険会社との折衝は、弁護士にご依頼下さい。
実際、交通事故事案の賠償額には、自賠責基準保険会社基準裁判所基準があると言われています。
保険会社基準で安易に納得せず、裁判所基準であればどのくらい金額が増額されるのか、お見積りをすることも可能ですので、是非、ご相談ください。
法律相談フォームがございますので、プリントアウトの上、必要事項を記入し、ファックスにて弊所宛ご送信下さい。メールお電話での、ご相談ご予約も承っております。

女性弁護士の離婚・相続相談

訴訟事件は、高度な法的知識法的手続知識を要します。
弁護士梅原は、大学院にて民事訴訟法を専攻した民事訴訟の専門家です。
これまで、売買代金請求訴訟、貸金返還請求訴訟、建物明渡請求訴訟、建築物の瑕疵担保責任請求訴訟、建築工事差止請求仮処分、損害賠償請求訴訟(交通事故不貞慰謝料医療過誤など)、過払金返還請求訴訟など、数多くの案件を手掛けております。
これらの豊富な経験に基づく適切なアドバイスをさせていただいております。
法律相談フォームがございますので、プリントアウトの上、必要事項を記入し、ファックスにて弊所宛ご送信下さい。メールお電話での、ご相談ご予約も承っております。