女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談
女性弁護士梅原ゆかり離婚相談フォーム

女性弁護士梅原ゆかり法律相談フォーム

女性弁護士梅原ゆかり法律相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかり法律顧問の勧め

女性弁護士梅原ゆかりご依頼者の声
女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談
遺言書を、もうご準備いただきましたか。
遺言書は、遺書とは違います。
遺言書は、遺される方々に、送ることのできる最期のラブレターです。
また、遺言書は、何度も書き変えることができます。
数年ごとに、そのときの資産状況に応じて、書き変えることができます。
遺言書に書くほどの資産が無いわ・・・とお思いでも、遺される方々が、感情をむき出しにした争いに突入するリスクは、是非お考えいただきたいと考えております。
単に財産の帰属について指定するだけが、遺言書ではありません。なぜ、そのような遺言書を書くに至ったのか。遺言者として、遺される方々へメッセージを盛り込むこともできるのです。
うめはら法律事務所では、ご遺言者の思いが、十分に反映できるよう、きめ細やかな文書作成を、心がけております。

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談
遺言書を作成するもう一つのメリットに、遺言執行者の指定があります。
相続が開始した時に、やるべき作業の一つに、預金払戻手続きがあります。しかしこれは、相続人の方々が、相続関係を立証する資料を取り寄せ、また相続人間で協議を行なって遺産分割協議書を作成し、その全てにおいて銀行が満足できるものでなければ、預金の払い戻しはできません。
万が一、相続人の一人が、遺産分割協議書への捺印を拒んだら、預金が凍結されたまま使用できないという事態にもなりかねないのです。
不動産も然りです。相続登記をしたくても、遺産分割協議書が整わなければ、法務局は相続登記を認めてくれません。
遺言執行者とは、遺言書に書かれている内容を実現するために奔走する者です。遺言書で、遺言執行者を指定していただくことにより、遺言執行者には、遺言書に書かれているとおりの名義変更等をする権限が授与されることになります。
遺言執行者として弁護士梅原ゆかりとご指定いただきますと各種書類の取寄せ銀行や法務局との折衝保険金請求など、煩わしい各種手続から解放させ、お待ちいただければ遺言書通りの内容にて相続が完了できるというメリットがございます。

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談
大切な方が亡くなり、開始するのが、相続です。
遺言書が遺されておらず、かつ相続人が2人以上いる場合には、遺産分割協議が必要になります。
典型例は、親御さんが亡くなられ、兄弟が相続人になるケースです。
子供のころは、同じ釜の飯を食べた者同士。ひとつ屋根の下で枕を並べて寝た者同士です。
だから、相続で揉めるなんてことは、誰しも、想像すらしたくないのです。
しかし、大人になり、事情が変わっていきます。
結婚をして配偶者がいると、配偶者が耳元でささやくのです。「もらえるものは、できるだけ、もらってきなさい」と。
子供がいれば、子供にこれからもっともっとお金がかかる。先立つものは、あればあっただけいい。邪魔になるものでもない。
こうして、兄弟愛は天秤にかけられ、お金兄弟愛に勝ってしまうという現実が、あります。
しかも、一度紛争に突入してしまうと、簡単に激化してしまうという性質をもっています。もともと仲の良かった兄弟だっただけに、相手に、他人以上のものを期待してしまうのです。
期待は、裏切られると、恨みに変わってしまいます。
そうして、どんどん感情的なもつれが激化してしまうと、本業にも差し障る自体になりかねません。
お金の絡む兄弟喧嘩なだけに、弁護士に依頼をする際には、本当に信頼のできる、お話によく耳を傾けることのできる弁護士を選ばれることを、お勧めいたします。

女性弁護士梅原ゆかりの離婚・相続相談
兄弟姉妹、親は分け隔てなく平等に育ててくれるはず。
しかし、子供たちが大人になり状況が変わるのと同じように、親にとっても、老後の生活により、状況が変わります。
やはり、身近なところで世話をしてくれた者にこそ、多くを渡したい。
しかし、ともすると、社会的に大成功を収めた者ほど、仕事に忙しく、親の介護に時間を割けないこともあります(私も、大成功とまでは言えませんが、親元を離れていますので・・・、胸が痛いです)。
大人になっても、親のすねをかじって、挙句に遺言書により多くの遺産を相続する方もいます。
親の相続の際、子には遺留分という権利があります。遺留分を侵害するような遺言書が実行されたとしても、遺留分に基づいて、物件の返還などを請求することができます。